冷却塔のおすすめの殺藻剤についてわかりやすく解説

空調設備では、冷たい熱を作る冷凍機で作られた冷水を使って快適な風をフロアーに届けています。

冷凍機で熱交換されて熱を帯びた冷却水は冷却塔(クーリングタワー)で冷やす必要があります。
冷却塔(クーリングタワー)では外気と水を触れさせて、水が蒸発する際に周りの熱を奪う原理で冷却水を冷やしています。

したがって、冷却塔(クーリングタワー)にはその水を気化熱の原理を利用して冷やす充填材や、冷やした冷却水を循環する下部水槽などの、パーツが組み込まれています。

しかし、外の空気を取り込んでそれを水で冷やすため、汚れた外の空気によって周辺のパーツは汚れてしまいます。
そのため、とくに水槽などにおいては殺藻剤を入れて汚れを防止したり、藻の発生を防いだりする必要があるのです。

ここでは、この冷却塔(クーリングタワー)で使用される殺藻剤についてご説明します。

冷却塔(クーリングタワー)とは

ビルや大型建物の冷暖房のためには空調設備を導入する必要があることはご存じのことと思います。
一般家庭のエアコンにおいては、部屋の外に室外機を設置しますが、狭い部屋の場合には室外機のなかに冷房用、暖房用のパーツを納めています。

しかし、ビルや工場などのように多くの部屋や広い部屋の温度を一定に保つためには、大型の冷房用、暖房用の設備が必要になってくるのです。

冷却塔(クーリングタワー)は、エアコンの室外機の冷房用装置にあたるもので、外から取り込んだ空気で冷却水を冷やす設備であり、冷たい空気を作る冷凍機の支えをしています。

この気化熱の原理を利用するために、冷却塔(クーリングタワー)ではシートなどに水を散水する開放式と銅管コイルのなかに水を流す密閉式という2つの方法がとられています。

特に、開放式の場合には汚れた外気が直接水に触れるため、水は汚れる可能性が高いのです。
空気の汚れの大きい市街地や工場地帯ではその傾向が強くなります。

殺藻剤はなぜ冷却塔(クーリングタワー)には必要か

たいていの冷却塔(クーリングタワー)では水を循環させているため、冷却水を循環させるため、下部水槽を設置しています。
循環しているうちに、水が汚れて濁ったり、藻が発生して空気を冷やす機能が低下したりする可能性が高くなるのです。

さらに、水が汚れたまま循環すれば、水を散水する装置なども詰まる可能性が出てきます。

そのため、充填材や水槽、配管などのパーツはメンテナンスを常時おこなっていく必要がありますが、同時に藻や汚れを発生させない措置も必要になります。
普段から藻の発生や汚れの原因の菌の発生を防ぐために使用されるのが殺藻剤といわれるものなのです。

殺藻剤の役割

殺藻剤は、基本的には、プールなどの殺菌にも使用されたり、私たちが普段使っている水道水にも含まれていたりするカルキ、すなわち塩素(次亜塩素酸ナトリウム)です。

川などから取り入れた水を浄化する浄水場などで菌や藻を取り除くために利用されると共に、水道管などを通じて各家庭に給水する途中で再び菌や藻が発生しないように塩素を微量含ませています。

この塩素は殺藻剤というだけでなく、スライムコントロール剤(殺菌殺藻剤)とも呼ばれて、さまざまな場所で、菌の発生、増殖を抑えたり、藻の発生を抑えたりするのに強力な力を発揮しているのです。

したがって、冷却塔(クーリングタワー)などでもこの殺藻剤としての塩素を冷却水処理剤として利用しており、マンションなどの給水塔などでも利用されています。

冷却塔大学

冷却塔の内部に「藻」が発生しているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。いつの間にか「藻」は増殖しており、原因…

殺藻剤の注意点

殺藻剤はこのように殺菌や藻の発生防止には大きな役割がありますが、逆に欠点もあります。
それは、腐食性が高く、臭いも強いことです。

腐食性が高いということは、濃度が高すぎる場合には、銅管などを通して水を循環させたり、水槽の材質が金属仕様になっていれば、設備を腐食させたりしてしまいます。

水道水でも塩素の含有量は極めて低く抑えています。
それでもカルキ臭いということで、ペットボトルの天然水が飛ぶように売れ、塩素を除去する浄水器も普及しているのです。

いずれにしても、冷却塔(クーリングタワー)で殺藻剤を使用する際には、この塩素濃度を効果を低下させない範囲で下げる必要があるのです。常に濃度管理をするように運用面でも注意が必要になります。

なお、通常の塩素濃度としては、遊離塩素で0.5mg/L程度に管理していくことになります。
また、殺藻剤と共に、腐食防止のための防食剤を添加して利用することがおすすめです。

冷却塔のメンテナンスなら空研工業

殺藻剤の価格相場

殺藻剤には、各メーカーからさまざまな製品が発売されていますが、1個単位で変えるものからケース単位で買うものまであり、価格相場もその販売形態で違っています。

また、冷却塔(クーリングタワー)向けの商品とそれ以外でも使用可能な商品がありますが、ここでは冷却塔(クーリングタワー)用の殺藻剤に絞って価格相場を見てみます。

  • エスコ  3,270円~16,900円
  • ショーワ 9,790円~27,900円

ただし、殺藻剤には、固形のものや液状のもの、塩素以外のものなど種類によって価格は違ってくるため、事前によく比較することをおすすめします。

殺藻剤の選び方(選定基準)

冷却塔(クーリングタワー)の装置の能力を最大限に発揮させるためには、装置に最適な殺藻剤を選ぶ必要があります。
家庭の水道水のように浄水器や浄水装置は使えませんので、殺藻剤そのもので適切なものを選ぶ必要があるのです。

それによって、藻や雑菌を発生させないですむばかりか、メンテナンス頻度や運用コストを抑えることも可能になります。

簡単にご説明します。

選び方1.塩素(次亜塩素酸ナトリウム)

やはり、殺藻剤としては塩素(次亜塩素酸ナトリウム)を使ったものを選ぶべきでしょう。
ほとんどの殺藻剤はこの塩素が使われています。藻の発生を抑えるだけでなく、殺菌作用も高いため、汚れに対しても効果は大きいといえます。

選び方2.スライムコントロール剤(殺菌殺藻剤)

スライムというのは、テレビゲームなどに出てくるアイテムではなく、藻のことです。

水を貯めておく水槽などには藻が発生しやすく、その藻の発生を抑える効果のあるものにすべきでしょう。
塩素の場合は、殺菌作用だけでなく、この発藻作用を抑えてくれます。

選び方3.機器の腐食を最低限にする殺藻剤

塩素の殺藻剤の濃度によっては機器の腐食が発生する可能性があるため、腐食を抑える防食剤が入っているものを使用するのがよいでしょう。

おすすめの殺藻剤 3選

前章の殺藻剤の選び方を踏まえて、おすすめの殺藻剤をご紹介します。
ただし、それぞれに特徴があり、空研工業株式会社をはじめ、専門業者にご相談されるのがよいでしょう。

1.エスコ 冷却水系刹藻・殺菌剤

1箱(1kg×6本)のケース販売になります。
特徴としては、お風呂などでたまに話題になるレジオネラ菌を抑える効果もあるので、散水で空気に菌が混じることも防げます。

また、固形ではなく液状になっているので、フィーダーなどによって決められた時間ごとに注入することも可能です。
もちろん、有害物質は一切含んでいません。

ショーワ 冷却水系殺藻剤 タワーリルP-55

この殺藻剤の特徴は、塩素を主原料にしていないため、濃度を低くしても充分な殺藻効果が得られるため、金属製の水槽や銅管などにも安心して使えます。

もちろん、重金属や有害物質を含んでいないため、水槽などの水質汚染も起こしません。
さらに液体で腐食性もないため、運用が簡単です。

和協産業 レジトルモンW

この殺藻剤の特徴は、1個単位で購入することができる点です。
また、藻の発生を抑えるとともに金属を腐食させにくい点でも優れています。

細菌もレジオネラ属菌の殺菌効果が高く、効果が長期間発揮するのも魅力です。

また、塩素系ではないため、金属性の装置の腐食を気にすることはなく使えます。
排水に気を使うこともなくなります。

冷却塔のメンテナンスなら空研工業

まとめ

ビルや大型建物の空調設備には冷却塔(クーリングタワー)が必要になりますが、気化熱の原理を利用しているため、水を外から取り込む汚れた空気にさらすことになります。

そのため、外気と水が直接触れ合う開放式などの場合には水槽などに藻が発生したり、雑菌で水質が汚染されたりすることがあります。
このような水質の悪化を抑えて、メンテナンス頻度を下げてくれるのが殺藻剤です。

この冷却塔(クーリングタワー)の水質維持に重要な殺藻剤について、その役割、選定基準やおすすめの殺藻剤についてご紹介しました。
殺藻剤の使用については空研工業株式会社、または薬剤の専門業者にご相談ください。

NO IMAGE
CTR IMG

〒810-0051 福岡市中央区大濠公園2番39号
TEL. 092-741-5031 FAX. 092-741-5122