冷却塔の消費電力はどのくらい?基礎知識と仕組みを解説

皆さんは冷却塔(クーリングタワー)という設備をご存じでしょうか。
冷却塔(クーリングタワー)とは、店舗やビルなどの空調設備になくてはならない大切な設備です。

知名度は高くありませんが、冷却塔(クーリングタワー)なくして空調設備は稼働しないと言っても過言ではありません。

今回は、そんな縁の下の力持ち的存在である冷却塔(クーリングタワー)の基礎知識を解説していきます。
この記事を読めば、気になる消費電力の知識も身に付くでしょう。

冷却塔(クーリングタワー)とは

冷却塔(クーリングタワー)は、特に規模の大きな施設の屋上に設置されている機械になります。

クーリングタワーと呼ばれることも多い冷却塔ですが、詳しい役割や仕組みなどは分かりやすく項目を用意しました。それぞれ見てきましょう。

冷却塔(クーリングタワー)の役割

冷却塔(クーリングタワー)の役割とは、温められた冷却水の熱を外に放出する役割を担う設備です。

家庭にもあるエアコンの室外機と役割は似ていますが、冷却塔(クーリングタワー)は空調設備の熱を吸収した冷却水の温度を冷ましています。

消費電力に関する冷却塔(クーリングタワー)の仕組み

どのようにして冷却塔(クーリングタワー)では冷却水を冷やすのでしょうか。

冷却塔(クーリングタワー)の仕組みは、消費電力を想像するためにも把握しておいたほうがいいでしょう。
冷却塔(クーリングタワー)は冷却水の温度を下げるために、気化熱という現象を利用しています。

人が汗をかくことで上昇した体温が下がるのと同じ現象ですが、そのために冷却塔(クーリングタワー)は大きなファンを備えています。
冷却塔(クーリングタワー)の消費電力の多くは、そのファンを回すことに充てられています。

消費電力と冷却塔(クーリングタワー)の方式

冷却塔(クーリングタワー)には2つの方式があります。 一つは開放式と呼ばれる方式です。

これは、冷却水を冷やすためにファンで誘引した空気を直接接触させます。
冷却効率がよく、冷却塔(クーリングタワー)のサイズを小さくできるのが特徴です。

もう一つは密閉式という方式で、冷却水を銅管などに通して空気と接触させない冷却方法をとります。

しかし実際には 散布水を空気と直接接触させ開放式と同じく気化熱で水を冷やしています。
散布水はポンプで循環させています。開放式と比べると冷却効率は落ちますが、冷却水が配管内を通るので汚れにくく、メンテナンス費用を抑えることができるというメリットがあります。

それでは、どちらの方式が消費電力を抑えられるのでしょうか。
一般的には密閉式の方が冷却効率が落ちることと、散布水を循環させるためにポンプが必要であることから、開放式に比べると消費電力は大きくなります。

ただし消費電力については、運転している環境に影響されることが多く、どちらかとは一概には判断できません。

最後に、イニシャルコストとランニングコストについて方式の違いでの特徴を説明します。

イニシャルコストは密閉式の方が高いですが、ランニングコストについては前述したように冷却水が直接空気と触れないため、メンテナンスにかかる費用は抑えることができます。

冷却塔(クーリングタワー)の構造

冷却塔(クーリングタワー)は、多くの部品が組み合わさって稼働しています。
前述した2つの方式で共通する構造があります。

それは、運ばれてきた冷却水を冷ますためのファン(送風機)です。
開放式も密閉式も、基本的にはファンを使って運ばれてきた冷却水の熱を空気中に放出します。

まとめ

冷却塔(クーリングタワー)についてまとめました。

冷却塔(クーリングタワー)の消費電力は、設置された環境や運転状況に大きく左右されます。
詳しい消費電力が知りたい場合は、冷却塔(クーリングタワー)メーカーや空調設備工事会社への相談をおすすめします。

冷却塔の消費電力の調査なら空研工業

NO IMAGE
CTR IMG

〒810-0051 福岡市中央区大濠公園2番39号
TEL. 092-741-5031 FAX. 092-741-5122