冷却塔内の水がオーバーフローするのはなぜ?ボールタップなどの原因を解説

冷却塔(クーリングタワー)の水がオーバーフローしたという話をたまに耳にします。
オーバーフローといっても、冷却塔(クーリングタワー)の機能として定期的に水の入れ替えをしているのであれば何も問題はありません。

しかし、冷却水が冷却塔(クーリングタワー)から漏れているとなれば様々な問題が生じてきます。
よって、オーバーフローは早急に解決する必要があるのです。

今回は、冷却塔(クーリングタワー)のオーバーフローの原因と対策を解説していきます。
この記事を読めば、オーバーフローによる被害を最小限に抑えることができるでしょう。

冷却塔(クーリングタワー)のオーバーフローとは

まず、冷却塔(クーリングタワー)のオーバーフローとは何かを解説していきましょう。
通常、冷却塔(クーリングタワー)内の冷却水は、ボールタップというパーツにより水槽内で一定の水位を保つように作られています。

オーバーフロー管から水が流れてくるのは、ブローダウンという堆積物を排水するために行う時のみです。
それ以外で水が垂れ流しになっているケースを、オーバーフローと見て間違いはないでしょう。

つまりオーバーフローとは、設備に何らかの不具合が発生し冷却塔(クーリングタワー)へ給水され続けているか、すでに水が溢れている状態です。

オーバーフローの3つの原因

ここからは、オーバーフローが起こる原因を紹介していきます。

原因1.ボールタップの故障

最初に考えられる原因が、このボールタップの故障です。
先述した通り、ボールタップという部品は水位を一定に保つ役割を担っています。
身近な例を挙げると、トイレのタンク内で浮かんでいるボールと弁部が丸棒でつながっているものがボールタップです。

冷却塔(クーリングタワー)のボールタップも空気の入ったボールが水面に浮かび、水位が下がった時はボールにつながった本体の弁が開いて給水します。
そして満水になったらボールが浮かび、弁が閉じて給水が止まるという仕組みです。

このボールタップが故障し、弁が開いたままになって給水が止まらなくなっていることがオーバーフローの原因の大半を占めています。

原因2.自動ブロー電動バルブのシールの劣化 or 故障

冷却塔(クーリングタワー)には、堆積物の排水のために自動で排水する設備があります。

その電動バルブには水漏れ防止のためのシールがしてあり、それが劣化するかもしくは設備自体の故障によるオーバーフローも考えられるでしょう。

原因3.冷却塔(クーリングタワー)内の配管の腐食

冷却塔(クーリングタワー)内の配管の腐食が進み、配管に穴があくケースもあります。

これもオーバーフローの原因です。冷却塔(クーリングタワー)内で冷却水などの水を通す配管も劣化は避けられません。
腐食対策として、最近では腐食の少ない塩化ビニールなどを使った配管が採用された冷却塔(クーリングタワー)も多くあります。

しかし、依然として金属製の配管を使った既存の冷却塔(クーリングタワー)の割合は多く、オーバーフローが起こった時は原因の一つとして考えておいたほうがいいでしょう。

冷却塔のメンテナンスなら空研工業

発生しうる3点の被害

オーバーフローが起こった場合、当然ながら被害も出ます。
ここからは、実際に報告されている被害についてまとめて紹介します。

被害1.水道代の無駄

オーバーフローが発生すると、水道が垂れ流し状態になります。
そうなれば当然、水道代は流した分だけ請求されるので、水道代が高くなります。

被害2.薬剤の無駄

上記の水道代に加えて、薬剤のコストも無駄になります。

これは冷却水に水処理剤を入れている場合になりますが、水が溢れると薬剤も一緒に流れていくことになりますね。
そうなると水道代+水処理剤のコストが無駄に消えてしまいます。

被害3.溢れた水が屋内にまわる

溢れだした水が建物のコンクリートや木材を浸食して腐らせるケースもあります。
一番怖い被害が屋内への侵入ではないでしょうか。

屋内への侵入まで被害が広がれば、建物の修理が高額になる上に、商業施設では修理工事が行われている期間の営業が出来なくなる可能性もあります。

オーバーフローのたった一つの対策

オーバーフローへの対策は以下の一つだけです。
しかし、これから紹介するたった一つの対策をしっかりしておくだけで、被害は最小限にできます。

対策.日頃の点検

オーバーフローを未然に防ぐには、やはり日頃から点検をしておくしかありません。
点検の方法としては、配管から水が漏れ出していないかの確認や、流水計が設置してあれば水量の確認を日常的に行う、電気伝導率計が設置してある場合も日頃から確認しておくなどが挙げられます。

冷却塔大学

冷却塔には上下2つの水槽が設置されていますが、とくに下部水槽においてなんらかの要因によって水が過剰に流れてオーバーフロー…

まとめ

オーバーフローが発生する原因をいくつか紹介しましたが、最も多い原因がボールタップの故障です。
ボールタップの故障が原因の場合、ほとんどのケースで交換ということになります。

日頃から点検もしやすい上に、交換作業も比較的簡単で、部品代もそんなに高価なものでもありません。

対策の紹介でも述べたように、日頃の点検が唯一の対策となります。
点検時にオーバーフローを発見したら、まずはボールタップの確認をしてみることをおすすめいたします。

冷却塔のメンテナンスなら空研工業

NO IMAGE
CTR IMG

〒810-0051 福岡市中央区大濠公園2番39号
TEL. 092-741-5031 FAX. 092-741-5122