冷却塔の配管洗浄って必要?配管洗浄を怠ると起こる被害と対策を紹介

一般家庭にも排水溝などがあるように、冷却塔(クーリングタワー)や周辺機器にも配管が存在しています。

配管内部を除いてみると、藻やスライムが付着していることがあります。
また、レジオネラ症の原因であるレジオネラ属菌がいる場合、配管内で増殖している可能性もあります。
そのため、薬品などを用いて、いつも綺麗な状態を保たなければいけません。

一般家庭にも排水溝などがあるように、冷却塔(クーリングタワー)にも配管が存在しています。配管の内部は狭いため、人が入り込んで清掃するのは困難です。
そのため、薬品などを用いて、いつも綺麗な状態を保たなければいけません。

洗浄を怠ると、多くの被害を受けるなど健康的にも、企業全体としても大きな被害につながる可能性があります。
本記事では、配管が汚くなる原因をお伝えし、被害や対策をお伝えします。

冷却塔(クーリングタワー)の配管洗浄を行う3つの理由

冷却塔(クーリングタワー)内部には、藻やスライムなど多くの「汚れ」が存在しています。
清掃を怠れば、汚れは拡大していく一方でしょう。

配管内部は、藻やスライムだけでなくレジオネラ属菌が増殖する場としても知られており、徹底的に清潔に保たなければいけない部分です。

まず、冷却塔(クーリングタワー)の配管を清掃しなければいけない原因をまとめます。

理由1.藻やスライムの増殖を防ぐ

冷却塔(クーリングタワー)内部には、藻やスライムだけでなく水垢や菌類も生息しやすい状態になっています。

そのため、一般家庭の排水溝と同じようにスライムや水垢だけでも、汚いと感じる状態になりやすく、定期的な清掃が必要です。

理由2.レジオネラ属菌の増殖を防ぐ

冷却塔(クーリングタワー)内部で発生するレジオネラ属菌は、人体にも影響を与える菌類です。
藻やスライムなどを放置すると、レジオネラ属菌が生息しやすい環境を維持しているのと同じです。

また、菌類は細かな部分にも付着しやすく、配管内にも生息する場合があります。
そのため、配管洗浄は定期的に行い、常に清潔な状態を保たなければいけません。

冷却塔大学

冷却塔内部には、「藻」や「スライム」が発生します。しかし、目には見えない「菌類」も繁殖することがあります。レジオネラ属菌…

理由3.冷却水などの水質悪化を防ぐ

藻やスライムを始め、レジオネラ属菌に汚染された冷却水は、使用し続けると健康被害を引き起こします。

配管内にレジオネラ属菌が生息している場合でも、流れる水に菌が付着し、エアロゾルとして冷却塔(クーリングタワー)外に排出されます。
エアロゾルをを吸引すれば、レジオネラ症を発症する原因になるため、配管洗浄は必須と言えるでしょう。

冷却塔の配管洗浄なら空研工業

発生しうる3つの被害

冷却塔(クーリングタワー)の配管洗浄を怠れば、どんな被害を引き起こすのでしょうか。
被害の種類は多く、本記事で述べるものだけが全てではありません。

洗浄を怠った場合に起こり得る被害をまとめます。
考えられるのは、以下の3つです。

被害1.レジオネラ症の発症

配管洗浄をしなければ、レジオネラ属菌が増殖します。
既に述べたように、配管内に付着したレジオネラ属菌は、排出口などからエアロゾル(水しぶき)として排出される可能性があります。

冷却塔(クーリングタワー)内部だけでなく、場合によっては外にいる人にも影響を与える可能性があり、厚生労働省もレジオネラ症の危険性を述べています。

被害2.冷却塔(クーリングタワー)の動作停止

藻やスライムなどがこびりついてしまうと、配管を通過するはずの水が流れなくなります。

そのため、多くの部分に必要以上の負荷がかかるなど、冷却塔(クーリングタワー)全体にダメージを与えます。
最悪の場合、冷却塔(クーリングタワー)を停止させなければ点検できない状況になることもあり、費用がかかるだけでなく時間と労力が必要になります。

被害3.冷却水の水質汚染

配管内が汚い状態だと、冷却塔(クーリングタワー)内に流れる全ての水が汚染されていきます。

すると、冷却塔(クーリングタワー)全体がさらに汚れてしまうことになり、さらにレジオネラ属菌が発生している場合は菌類対策服などを着用しなければ内部に入れない状態になる場合もあります。

冷却水は冷暖房器具を使用する際に重要であり、普段から清潔な状態を維持する必要があります。

「冷却塔(クーリングタワー)の配管洗浄」3つの対策

冷却塔(クーリングタワー)の配管を常に清潔な状態にするには、どうすれば良いでしょうか。

特に以下の3点を重視した対策が求められていますので、参考にしてください。

対策1.定期的な冷却水系洗浄(予防的配管洗浄)

冷却塔(クーリングタワー)の法定点検は、厚生労働省の建築物環境衛生管理基準として定められています。

具体的には「使用期間中の1か月以内ごとに1回」汚れ状況の点検を行い、必要に応じて清掃や換水などを行うこととされています。

対策2.薬品の有効成分濃度の確認

除菌剤などの薬品を使用している場合、安心してしまい有効成分濃度を確認していないことがあります。

定期的に有効成分濃度を確認するようにし、水質保持に効果があるのか知っておく必要があります。
薬品の効力が無くなる時期を記録しておくなど、ルーティン化しておくのも良いでしょう。

対策3.ろ過器などの機材を徹底洗浄

冷却水の配管内にある「ろ過器のろ材」(Y型ストレーナ)は、特にレジオネラ属菌が増殖しやすい場所です。
放置すれば、レジオネラ症を発症する原因になります。

そのため、特に念入りに洗浄する必要があります。

薬品を使用したり、毎日逆洗するなど徹底的に対策しましょう。
また、普段はあまり使用していない配管や、機材類にも意識を向けるようにします。

使っていないからと言えど、菌類は増殖する可能性があります。

冷却塔の配管洗浄なら空研工業

まとめ

冷却塔(クーリングタワー)の配管洗浄は、全体清掃とは違い短期間で定期的に洗浄する必要があります。
基本的に1週間に一回以上は洗浄するようにしましょう。

これは、レジオネラ属菌を始めとする菌類を除去するためで、冷却塔(クーリングタワー)全体へ負荷をかけないために重要です。

薬品を使用している場合でも、菌類は細部まで増殖している場合があります。
有効成分濃度を確認するのをルーティン化するなど、工夫しておきましょう。

「薬を使っているから大丈夫」と思わず、徹底的に洗浄することをおすすめします。

NO IMAGE
CTR IMG

〒810-0051 福岡市中央区大濠公園2番39号
TEL. 092-741-5031 FAX. 092-741-5122