冷却塔を取り扱っているメーカーはどこ?冷却塔のメーカー・製品名一覧表

ビルなどの大型施設の空調には欠かせない冷却塔(クーリングタワー)。
その冷却塔(クーリングタワー)を、どのようなメーカーが取り扱っているのかご存じでしょうか。
また、同じ冷却塔(クーリングタワー)でもメーカーによって異なるポイントもあります。
そこで、冷却塔(クーリングタワー)を取り扱うメーカー・製品名を一覧にまとめてみました。併せて、おすすめの冷却塔(クーリングタワー)もご紹介します。

冷却塔(クーリングタワー)とは

冷却塔(クーリングタワー)とは、簡単にいえば水を冷やす装置です。
ビルなどの大型施設で使用される空調設備では、冷たい熱を作る冷凍機で作られた冷水を使って快適な風をフロアーに届けています。

しかし、一度使った冷却水は熱を奪い水温が上がるため、冷やさなければもう一度使うことができません。
そこで冷却塔(クーリングタワー)に冷却水を送り、外の空気と冷却水を触れさせることで水温を下げ、再び冷凍機に戻して風を届けるのです。
循環して冷却水を使うには冷却塔(クーリングタワー)ありきということになります。

冷却塔大学

ビルや大きな建物の空調設備には冷却塔が不可欠。室内で熱交換されて温められた冷水は冷凍機に戻ります。冷凍機では冷水を冷やす…

冷却塔(クーリングタワー)には種類があります。
形の種類として『丸形』と『角型』、冷却の仕方として『開放式』と『密閉式』です。

形はそのとおりですが、冷却の仕方を少しご説明します。

1.開放式冷却塔

開放式は、外気を取り込んで水と直接触れるようにする方式をいいます。
この方式は冷却効率が高く、密閉式に比べるとコンパクトな設備ですみます。

しかし、水が外気に直接接触してしまうため、汚れやすいのが欠点となっています。
すぐに冷却塔(クーリングタワー)の付属設備など内部が汚れてしまうため、それらを頻繁にメンテナンスする必要があるのです。

特に、現代の都市部や工場の多い地域などでは、空気中に細かい塵がたくさん含まれています。
したがって開放式の冷却塔は、定期的にメンテナンスを行うことが必要となります。

また、オフィスビルなどの空調設備の冷却用として採用されています。

2.密閉式冷却塔

密閉式は、配管の中にある冷却水が間接的に冷やされる仕組みになっています。
冷却塔(クーリングタワー)内部で散布水を循環させ、外の空気と間接的に接触させることで、冷やされた散布水が配管の中の冷却水を冷やします。

開放式と異なり、外気に直接触れることはないため、メンテナンスの頻度は開放式に比べると少なくてすみます。
空調として使われるのは開放式がほとんどですが、汚れてはならない場合は密閉式を選択します。

冷却塔(クーリングタワー)のメーカー・製品名一覧

ここからは冷却塔(クーリングタワー)を取り扱うメーカー・製品名を一覧で紹介します。
メーカーの候補選びとして参考にしてください。

  1. 荏原冷熱システム株式会社
  2. 三菱ケミカルインフラテック株式会社
  3. 空研工業株式会社
  4. 日本スピンドル製造株式会社
  5. 日本ビー・エー・シー株式会社

各メーカーが取り扱う開放式の製品名

上記で挙げたメーカーが取り扱う開放式の製品名を紹介していきます。

1.荏原冷熱システム株式会社

  • 丸形開放式カウンターフロータイプ冷却塔 SBW型・SBC型

荏原冷熱の冷却塔(クーリングタワー)は吸収式冷凍機とターボ式冷凍機が用意され、それぞれ低騒音型と超低騒音型のタイプがあります。

2.三菱ケミカルインフラテック株式会社

  • ヒシクーリングタワー 丸型開放式KEシリーズ
  • ヒシクーリングタワー角形冷却塔 角形開放式Mシリーズ

三菱ケミカルの角形冷却塔は、標準・省エネ・省スペースと分かれています。
どのタイプも低騒音型です。

3.空研工業株式会社

  • SKB-R型
  • SKB-S型
  • SKB-N型
  • SKB-SM型

機能性や安全性に優れたシリーズです。
長年冷却塔(クーリングタワー)を作り続けていることから、搬入の工事短縮・送風機や充填材の改善に力を入れいていることから、使う環境に適した冷却塔(クーリングタワー)となっています。
また、特殊対応も可能なので、ぜひメーカーにお問い合わせてださい。

4.日本スピンドル製造株式会社

  • 丸型開放式(NE/NLシリーズ)
  • 角型開放式(KGシリーズ)

スピンドル社の冷却塔(クーリングタワー)は開放式のみ取り扱いになります。
角型のみ直接メーカーにお問い合わせください。

5.日本ビー・エー・シー株式会社

  • VXT型開放式冷却塔
  • VTL型開放式冷却塔

ビー・エー・シーの開放式冷却塔は遠心ファンを採用しているため、騒音はもちろん、寒冷地、美観などの対策可能です。

各メーカーが取り扱う密閉式の製品名

次に、密閉式の商品名をメーカーごとに紹介していきます。

1.荏原冷熱システム株式会社

  • 角形密閉式クロスフロータイプ冷却塔 MXW-UW型・MXC-UW型

こちらも吸収式冷凍機とターボ式冷凍機が用意され、それぞれ低騒音型と超低騒音型のタイプがあります。
MPシリーズは白煙防止対策モデルの冷却塔(クーリングタワー)です。

2.三菱ケミカルインフラテック株式会社

  • 角形冷却塔 角形密閉式 Pシリーズ

動力を軽減し、低騒音型の冷却塔(クーリングタワー)です。

3.空研工業株式会社

  • KMB-R型
  • KMB-RM型
  • KMB-SM型

空研独自のオリジナル熱交換器を採用しているため、高効率・コンパクト化を実現。
空気に触れることなく水を循環させて使うため、何かトラブルになった時も対応しやすいです。
また、循環水を交換する費用を削減できることからトータルコストも抑えられます。

こちらも開放式同様、さまざまな環境下に適したシリーズを展開。
種類豊富な中から安全に冷却塔(クーリングタワー)を選択することが可能です。

空研工業の冷却塔について今すぐ問い合わせ

4.日本ビー・エー・シー株式会社

  • VXI型密閉式冷却塔
  • VFL型密閉式冷却塔

開放式冷却塔同様、遠心ファンを採用。
密閉式冷却のみ、冷水発生機として冬期使用することができます。

冷却塔(クーリングタワー)の選び方(選定基準)

冷却塔(クーリングタワー)を選ぶ際、冷凍機を先に選んでください。
そのため、冷凍機を選んだ上での冷却塔(クーリングタワー)の選び方を紹介していきます。

選び方1.『開放式』、もしくは『密閉式』の選択

どちらの冷却の仕方にするのかを考えましょう。
先ほどもお話しましたが、空調や冷暖房設備の冷却塔(クーリングタワー)は開放式を設置しているケースが多いです。
開放式は高効率、密閉式は安全性が特徴になります。

この時、冷却塔(クーリングタワー)の形も一緒に決めておきましょう。

選び方2.騒音の確認

冷却塔(クーリングタワー)を設置する上で、騒音規制を確認しておきましょう。

騒音能力は騒音規制法により決まっており、定格出力が7.5KW以上である冷却塔(クーリングタワー)は特定施設の送風機に該当します。
そのため、届出が必要な場合は各自治体に提出しなければなりません。

7.5KW未満であっても、騒音レベル70dB近くはあるため非常にうるさいです。
まわりの環境を含め、なるべく騒音レベルが低くなるものを選ぶといいでしょう。

選び方3.白煙仕様を選択

白煙防止されているものか、されていないものかを考えましょう。

温水や熱交換器を使った冷却塔(クーリングタワー)では、温められた空気を外に排出します。
温められた空気は高温のまま外に出てしまうので、外の気温が低いとき(とくに冬場)や湿度が高いときに空気が白く見えてしまうことがあるのです。

100%水蒸気ではありますが、白く見えることから白煙と勘違いされ、大気汚染を疑われることもあります。
また、白煙のような状態は天気などの影響により、道路状況や視覚をも悪くしてしまう可能性も高いです。

このようなことを踏まえ、白煙が上がっていても支障がない環境であるかどうかも視野に、どちらの仕様にするのかを決めましょう。

選び方4.冷却塔(クーリングタワー)の能力を選択

入口温度、出口温度、外気温球温度(WB)から見合った循環水量を選択します。

冷凍機も冷却塔(クーリングタワー)同様、種類があり、『吸収式冷凍機』と『ターボ冷凍機』の2種類です。
どちらの冷凍機該当するのか、確認しておきましょう。
冷凍機の種類によって、入口温度が異なるからです。

吸収式冷凍機の入口温度は37℃、ターボ式冷凍機の入口温度は37.5℃と表示されます。
出口温度は32℃、外気温球温度(WB)は27℃で表示されています。
しかし、メーカーによって温度の表示も異なるので、温度に関しては各メーカーのカタログを確認してください。

温度(入口・出口・WB)と循環水量にて、適切な型式の冷却塔(クーリングタワー)を選択することが可能です。
メーカーによっては、吸収式とターボ式に分かれている冷却塔(クーリングタワー)もあるので、その部分も確認しておくといいでしょう。

選択する形式の冷却塔(クーリングタワー)の欄より、騒音レベルや寸法などを確認します。

これらの選び方を参考に、周りの環境に適した冷却塔(クーリングタワー)を選択してください。
検討する際に、分からないことが出てきた場合は、メーカーや専門家に相談するようにしましょう。

おすすめの冷却塔(クーリングタワー) 3選

冷却塔(クーリングタワー)を取り扱っているメーカーの中でも、機能性や強み、独自性は異なります。
また、同じメーカーの中でも種類が豊富なこともあるでしょう。

ここでは、上記で紹介したメーカーの中からおすすめの冷却塔(クーリングタワー)をご紹介しますので、参考にしてください。

1.空研工業 『07シリーズ』

開放式・密閉式・超低騒音型とさまざまタイプの冷却塔(クーリングタワー)を展開しています。
安全に使用でき、かつ機能性も高い技術を装置に盛り込んだシリーズです。
空研の冷却塔(クーリングタワー)は、ニーズに合わせたものを提供したり、工期の短縮、コスト削減などあらゆる面でメリットのある冷却塔(クーリングタワー)になっています。

また、搬入の際、梱包も少なく、廃材も必要最低限になっているのもポイントです。

2.荏原冷熱システム 丸形開放式カウンターフロータイプ冷却塔 SBW型・SBC型

発売以来、50年以上の実績がある丸形カウンターフロータイプの冷却塔。
小型・大型・ポンプ付と幅広いシリーズになっています。
ボディの素材は耐久性のあるFRP製でできているため、雨風などにさらされる屋外でも持ちこたえることが可能です。

配管が内型に集中しているため、その分工事費を削減することができます。

3.三菱ケミカルインフラテック 『ヒシクーリングタワーシリーズ』

幅広い場面で活躍しているヒシクーリングタワーシリーズ。
ヒシクーリングタワーは、熱交換性に優れた充てん材を使用しているのが特徴です。
『標準タイプ』『省エネタイプ』『省スペースタイプ』『白煙防止タイプ』の開放式に加え、密閉式もあるため、どのタイプの冷却塔(クーリングタワー)でも選択することができます。

お客さまが求めるニーズに当てはまるものが用意されているので、選択しやすいのは魅力的です。

なお、冷却塔の価格相場やメーカーごとの比較情報については以下の記事をご参照ください。

冷却塔大学

空研株式会社を含む主要メーカの冷却塔の価格を一挙公開。企業や個人オーナー様の快適な空間作りのお手伝い。環境に配慮したタイ…

まとめ

空調や冷暖房設備に必要不可欠な冷却塔(クーリングタワー)。
ひと口で冷却塔(クーリングタワー)といっても取り扱っているメーカーもさまざまであり、機能性などもさまざまです。

今回紹介したメーカーや、おすすめの冷却塔(クーリングタワー)を比較し、施設に合った冷却塔(クーリングタワー)を選定してください。
もし分からないことがあれば、メーカーや専門家にご相談しましょう。

あらゆる施設に合った冷却塔の導入なら空研工業

NO IMAGE
CTR IMG

〒810-0051 福岡市中央区大濠公園2番39号
TEL. 092-741-5031 FAX. 092-741-5122