冷却塔の騒音対策とは?その重要性・原因・影響を解説

冷却塔(クーリングタワー)の騒音は、対策が必要になることがあります。
音を放置しておくとトラブルに発展することも。

なぜ、音が発生するのでしょうか?
その原因だけではなく、発生する場所に合った対策を知ることが大切です。

冷却塔(クーリングタワー)の騒音対策とは

冷却塔(クーリングタワー)はほとんどが屋外に設置されます。
内部には冷却水が循環しており、送風機(ファン)で風を当てることで冷却水を冷やす仕組みになっています。

冷却塔(クーリングタワー)が停止していれば音は発生しませんが、やはり動いていると音は出ます。
音が気になる場合は、騒音対策を考えましょう。

音の対策のポイントは2つです。

  • 原因に合わせた対策を行う
  • 周りの環境に合わせた方法を取り入れる
  • 音を不快と感じる原因として、設置場所が影響することもあります。
    場所に合わせて、対策することも必要になるでしょう。

    近年販売されている冷却塔(クーリングタワー)には、音に配慮した「超低騒音」や「極超低騒音」タイプも販売されています。
    対策として、新しいタイプを導入することも方法の1つです。

    冷却塔(クーリングタワー)設置導入の検討段階でどのタイプを設置するか検討が必要です。
    騒音対策時の留意点などは、都道府県ごとで定めています。
    事前に、ホームページや担当者に確認しましょう。

    騒音の原因

    原因がわかっていると、対策をとりやすくなります。主な原因としてあげられる音の種類です。

  • 気流(送風機など)
  • 磁気(モーターなど)
  • かぜ切り音(ルーバーなど)
  • 冷却水の流れ落ちる音
  • 軸受けの摩耗
  • ギアのかみ合う音
  • 振動による共鳴音
  • など、発生源はさまざまですが、主に「送風機」「流水音」です。

    また、発生源ではありませんが冷却塔(クーリングタワー)が、建物で囲まれていることも原因の一つ。
    音が響くことで、騒音だと感じる場合もあります。

    発生しうる被害

    誰かが音を「嫌だ」と思うと、それは騒音となります。
    実際、冷却塔(クーリングタワー)が原因となり、近所からクレームが出た事例も。

    先に建物が建てられている場合は、設置前に測定した数値で対策します。
    場所によっては、後から周りにビルなどができる可能性もゼロではありせん。

    後から何かができると、測定した値が変化します。
    そのため、建物ができたあとに、測定し直すことも必要です。

    周りが住宅のときは、対策は必須といえるでしょう。
    専用の機器を使用して、音を測定します。
    そこで生活をしていなければ、わからない音もあるでしょう。

    さまざまな人が快適に過ごせるように、配慮することが大切です。

    冷却塔の騒音対策なら空研工業

    騒音の2つの対策

    とても小さな音でも、毎日聞いていると心地よくありません。
    冷却塔(クーリングタワー)は夏に毎日稼働しており、その間、音は出続けることになります。

    しかし、対策をしたくても、方法を知らなければ実施できません。
    一般的な方法を2つご紹介します。

    対策1.消音ボックスの利用

    冷却塔(クーリングタワー)は、風を吸い込んだり出したりします。
    風だけでも音の原因です。
    吸込口と吐き出し口で、風の出入りが繰り返されているためです。

    「消音ボックス」を利用して対策しましょう。
    グラスウールが貼ってあるタイプがおすすめです。

    グラスウールは、吸音材の役目があり、吸込口と吐き出し口の内側に貼ってあります。
    設置する際のポイントは、以下を参考にしてください。

  • サイズ:冷却塔(クーリングタワー)の働きを妨げないことも考える
  • 耐候性を考慮
  • ポイントを意識しながら、消音ボックスを設置するだけでも音を減らすことに繋がります。

    対策2.消音筒と遮音へいを利用

    グラスウールを貼った消音筒を使います。
    吐き出し口にセットするだけで使用できます。

    消音筒の使用時に大切なことは、「圧力の損失を少なくするために、格子状や放射状のものを使うこと」です。   
    吸込口からの音対策は、遮音塀を使用します。
    周辺に「塀」を設置してください。

    冷却塔(クーリングタワー)は、空気を利用する機器です。それぞれの空気の流れも考えて、アイテムを設置しましょう。

    まとめ

    機械からは、さまざまな音が出ています。
    冷却塔(クーリングタワー)も、さまざまな原因で音が発生します。
    冷却塔(クーリングタワー)の設置場所は屋外のため、周辺に人が利用する建物があると、騒音対策が求められます。

    原因がいろいろあるため、音の発生場所に合わせて対策をすることが大切です。

    消音ボックスなどのアイテムを使用する必要があります。
    新しく冷却塔(クーリングタワー)を設置するとき、超低騒音タイプや極超低騒音タイプを検討しましょう。

    設置する環境や、音の原因に合わせて対策を行うことが大切です。

    冷却塔の騒音対策なら空研工業

    NO IMAGE
    CTR IMG

    〒810-0051 福岡市中央区大濠公園2番39号
    TEL. 092-741-5031 FAX. 092-741-5122