冷却塔の充填材はセルフ清掃できない?自力でできるメンテナンスとの違い

冷却塔(クーリングタワー)を定期的に清掃することは、運転停止などのトラブルを回避するためにとても重要です。
ただしセルフでできる簡易的な清掃は、充填材以外への実施にとどめなければなりません。

なぜセルフ清掃が必要なのか、なぜ充填材には行ってはいけないのかを解説します。

冷却塔(クーリングタワー)のセルフ清掃とは

冷却塔(クーリングタワー)は冷却水の水管の清掃と管理が非常に重要な装置です。
管内はヌメリとなるバイオフィルムが発生しやすく、レジオネラ属菌の繁殖場所となる危険性が高いためです。

冷却塔(クーリングタワー)はスライムなどの微生物が増殖・大量発生する温床となりますが、冷却塔(クーリングタワー)で使われる水はある程度処理したとしても、無菌にすることはできません。
冷却水には微生物を殺菌するため塩素剤などを添加しますが、なんらかの問題で効力が低下していた場合、スライムが発生するリスクは避けられません。

レジオネラ症を防止するためには、冷却塔(クーリングタワー)や冷却水の水管を適切に清掃し、衛生的に維持管理する必要があります。

そこで有効になってくるのが、特別な道具などは使わずに1、2時間程度で行う簡易的なセルフ清掃です。
事前に必ず冷却塔(クーリングタワー)の運転を停止して作業する必要がありますが、上部作業は転落にも注意し、内部を破損しないように慎重に作業することも重要になってきます。

簡易清掃に必要な道具は、通常使うホースとゴム手袋や長ぐつ、カッパなどの作業着です。

高圧洗浄機は家庭用でもあればとても便利ですが、なければデッキブラシだけでも構いません。
冷却塔(クーリングタワー)と循環ポンプの運転を停止し、凍結防止ヒーターがあればオフにします。

ボールタップの補給水バルブを閉めて排水バルブを開け、下部水槽に溜まった水を排水してください。
上部水槽にはスライムやゴミが詰まっていますので手で取り除き、泥状の汚れはデッキブラシや高圧洗浄機で洗い流します。

汚泥は排水口へ流し、隅々まで藻類なども洗い落としたら下部水槽内のストレーナを取り外し、水洗いします。

最後に排水バルブを閉めてボールタップの補給水バルブを開け、下部水槽に水を溜めれば完了です。
月に1度はこうしたセルフ清掃を行いましょう。

ただしセルフ清掃を行ってはいけないのが充填材です。
充填材を高圧洗浄機などで洗浄すると、経年劣化した充填材は破損していまいます。その破片が冷却水に混ざり冷凍機まで届いてしまうこともあります。
冷却効率が低下するだけでなく、運転できなくなるトラブルが起こるためセルフ清掃を控えてください。

プロの清掃では排水管を詰まらせないよう、ポンプで水を汲み上げながら処理します。
排水には絶対に流さないよう同時処理する必要があるため、そこはプロに任せる必要があります。

プロによる冷却塔の清掃なら空研工業

冷却塔(クーリングタワー)に汚れが溜まりやすい3つの原因

冷却塔(クーリングタワー)は非常に汚れが溜まりやすい場所ですが、なぜそこまで汚れてしまうのでしょうか。
冷却塔(クーリングタワー)にはさまざまな種類があり、形状も角型と丸形とがありますが、基本的に共通する原因を解説します。

原因1.スケール化

冷却水にはマグネシウムやカルシウム、シリカなどの成分が含まれるため、これらが冷却塔(クーリングタワー)内で水分が蒸発することで濃縮し、スケール化(析出)します。

散布水が蒸発し、冷却水が蒸発しない密閉冷却水系では発生しにくい障害ですが、配管や熱交換器などに付着するため熱交換効率が低下し、設備の安定運転を妨げます。

原因2.スライム発生

大気開放されている系統で多い障害で、微生物が代謝物として生成した粘質物が泥状のスライムを形成する障害です。

スライムが熱交換器に付着すると熱伝導率が低下し、散水装置やストレーナが閉塞すると運転停止が起こるリスクがあります。

原因3.藻の繫殖や泥溜まり

上部水槽には藻の繁殖や泥、落ち葉が溜まりがちです。

これらの異物が詰まると冷却能力が低下し、丸形ではスプリンクラーが回転しなくなることで機器が稼働しなくなるトラブルも起こります。

発生しうる2点の被害

冷却塔(クーリングタワー)にスケールやスライムが発生することで起こりうる被害について解説します。
安定稼働を妨げる点でも大きな被害ですが、それ以上に深刻な健康被害もありますので十分な知識が必要です。

被害1.運転障害

散水槽の穴詰まりは散水不良を起こし、冷却水が冷えない状況になります。

充填材の隙間にはスケールやスライムが付着しやすく、それらが風の通りを疎外すると、水を十分に冷やすことができません。
丸形では散水パイプにスケールや藻が詰まることでスプリンクラーが回らなくなり、散水自体ができなくなる障害も起こります。

冷却塔(クーリングタワー)そのものが稼働しなくなれば、事業者にとって無駄なコストばかりが費やされる結果となるでしょう。

被害2.健康被害

下部水槽にはスライムが繫殖しやすいのですが、さらに泥やサビなどが底に溜まると水質が悪化し、レジオネラ属菌の発生につながります。

レジオネラ属菌は自然界の土壌などに棲息していますが、土埃などとともに冷却塔(クーリングタワー)の中に入り込む可能性があるのです。
冷却水の温度はレジオネラ属菌が増殖しやすい環境であり、冷却塔(クーリングタワー)からバラまかれるエアロゾルとともに空気中にレジオネラ属菌を飛散させるおそれがあります。

冷却塔(クーリングタワー)近くに道路などがある場合、人がエアロゾルとともにレジオネラ属菌を吸い込んでしまうリスクが高まり、深刻な健康被害をもたらす危険性があります。

こうしたことから国では「建築物における衛生的環境の確保に関する法律(建築物衛生法)」で冷却塔(クーリングタワー)の維持管理規定を定めていますが、万が一にもそうしたことのないよう衛生管理することは必須です。

冷却塔(クーリングタワー)を正しく運転するための2つの対策

冷却塔(クーリングタワー)を正しく稼働させるためには、定期的な清掃と点検が何より重要です。

冷却塔(クーリングタワー)の設置場所や使われている環境によって状況はケースバイケースですが、自力でできるメンテナンスとプロに依頼するメンテナンスを充実させることが大切です。

対策1.セルフ清掃

セルフ清掃は前述した通り特別な道具は必要としません。
作業時間も1、2時間ですので、月に1度はセルフ清掃することでメンテナンス対策ができます。

対策2.プロによる清掃と点検

プロによる清掃は専用の機器を用いた技術とノウハウで、間違いのないプランを実施します。

充填材はセルフ清掃では手をつけられませんので、能力維持のために定期的な清掃を依頼しましょう。
目詰まりのため交換しかないと思われる充填材でも、プロが清掃すればまだ使えるケースも少なくありません。

同時に点検も受けられるため無駄なコストがかからず、安定稼働を維持することができます。

まとめ

冷却塔(クーリングタワー)は定期的に内部清掃を行う必要がありますが、月に1度程度は専門業者ではなくセルフ清掃で状態を改善することが可能です。

ただし充填材に関しては簡単に手をつけることはできませんので、定期的な清掃と点検はプロに任せましょう。

冷却塔の定期清掃と点検なら空研工業

NO IMAGE
CTR IMG

〒810-0051 福岡市中央区大濠公園2番39号
TEL. 092-741-5031 FAX. 092-741-5122