冷却塔の汚れを防ぐストレーナとは?清掃・メンテナンス方法を解説

ビルや大型建物で空調設備はなくてはならないものですが、設置されている設備の1つに冷却塔(クーリングタワー)があります。
この冷却塔(クーリングタワー)は、水で外から取り入れた空気を冷やしています。
冷却塔(クーリングタワー)の水は、散水された水を下部の水槽に回収して上部の水槽に戻し、再び散水されるという循環方式をとっています。
そのため、冷却塔(クーリングタワー)には水質を維持することが重要で、こし器ともいわれるストレーナもその1つです。
このストレーナも含めて、冷却塔(クーリングタワー)の水質維持のために清掃はどうすればいいのでしょうか?

冷却塔(クーリングタワー)のストレーナとは

現在の日本の都市部や工業地帯では空気は汚染されており、中国などからは黄砂やPM2.5などもあって、冷却塔(クーリングタワー)に取り入れられる空気は汚れています。
その汚れた空気に含まれる汚染物質が冷却用の水を汚すため、水を常時きれいに保たなけらばならないのです。冷却用の付属機器が故障したり、冷却能力そのものが低下したりする可能性が高くなるでしょう。
そこで、冷却塔(クーリングタワー)では定期的な清掃をしたり、殺藻剤を撒いたりしているのです。また、冷却塔(クーリングタワー)の循環機器などを通る水から汚れ物質を取り除くのが、こし器ともいわれるストレーナです。
このストレーナをはじめとした冷却塔(クーリングタワー)の清掃や、ストレーナによる水質の維持についてご説明します。

冷却塔のストレーナ清掃なら空研工業

冷却塔(クーリングタワー)の汚れの3つの原因

冷却塔(クーリングタワー)は、きれいで冷えた空気を建物内の各部屋に送るため、装置に付着する汚れは大敵です。その汚れの原因を3つご説明します。

原因1.藻

冷却塔(クーリングタワー)には上部に散水するための水槽、下部には空気を冷やしたあとの水を回収する水槽と2つの水槽があり、この下部に貯まった水を上部の水槽に循環させています。
そのため、この水の貯まる水槽には藻が発生しやすいのです。
特に冷却塔(クーリングタワー)の稼働する夏期は藻が発生しやすく、水道水などでも藻の発生が多くなる夏期には塩素を多くいれるため、水道水もカルキ臭くなることがあります。

原因2.雑菌

水にはさまざまな雑菌が含まれていることがあります。
お風呂などで事故を起こすレジオネラ菌などはよく知られていますが、冷却塔(クーリングタワー)でもこのような細菌も含め、さまざまな雑菌が発生している可能性があるのです。
配管などに付着して水の通りを悪くしたりすることもあります。

原因3.空中の汚染物質

冷却塔(クーリングタワー)は外の空気を取り入れることにより、気化熱の原理で冷却水を冷やします。
しかし、この外の空気にはいろいろな汚染物質が含まれています。
とくに都市部や工場地帯では自動車や工場から排出される排気ガスによる汚染がひどく、さらに最近では、中国から黄砂以外にもPM2.5といわれる微少物質も飛来しており、それらの汚染物質は冷却塔(クーリングタワー)でも取り込まれているのです。
冷却塔(クーリングタワー)の水がその汚染物質を含んだ空気を取り込むことで水が汚染され、それが水槽やさまざまな機器に付着して機器を腐食させたり、故障させたりします。

発生しうる冷却塔(クーリングタワー)の3つの被害

冷却塔(クーリングタワー)では、汚れの原因となる汚染物質の発生によって、次のような被害が発生します。
冷却機能が失われたり、機器やその部品が傷んで機器が動かなくなったり、冷房の空気が異臭を放ったりするようになります。

被害1.水槽の水質低下

まず、最初に起こるのは水槽の水質低下です。
その水を散水すれば、異臭の原因になります。
また、それらの水が循環するため、次のように機器を傷める原因ともなるのです。

被害2.水の循環装置の故障、部品の劣化

冷却塔(クーリングタワー)は、水槽間で水を循環させるための装置や配管、散水器など多くのパーツからなっています。
そのため、藻や雑菌、汚染物質などがそれらの機器に付着すると、腐食によって部品が劣化したり、機器そのものが故障したりすることになり、空気を冷やすという機能を果たせなくなります。

被害3.散水器の目詰まり

水質が低下して水のなかに有害物質が含まれますと、冷却塔(クーリングタワー)の心臓部分ともいえる水をまく散水器を目詰まりさせてしまいます。
散水器が水をまけなくなれば、本来の水の蒸発で空気を冷やす気化熱の原理が使えなくなるため、空調設備としての機能を果たせなくなるのです。

冷却塔のストレーナ清掃なら空研工業

冷却塔(クーリングタワー)の3つの汚れ防止策

このように、冷却塔(クーリングタワー)は普段からさまざまな汚れを起こす物質が発生する可能性があり、常に汚れから冷却塔(クーリングタワー)を守る必要があります。
この汚れに対する防止策には3つありますので、ご紹介します。
ストレーナもその1つであり、ストレーナも清掃の対象になります。

防止策1.清掃・メンテナンス

冷却塔(クーリングタワー)ではかなりの頻度で清掃やメンテナンスを計画的に実施することが必要です。
よく冷却塔(クーリングタワー)の休止中などには清掃やメンテナンスをおこなわないケースも見受けられますが、冷却塔(クーリングタワー)は常に外の空気にさらされており、水を抜いたままにしておくとその間に雑菌、汚染物質が機器に付着してしまう可能性もあります
定期的な清掃、メンテナンスを行うようにしてください。

冷却塔大学

空調設備には冷却塔が必要です。しかし、冷却塔は水と空気を使い、気化熱の原理を利用して水を冷却しています。そのため、冷却機…

防止策2.殺藻剤

水槽には必ず殺藻剤を入れて藻の発生を防ぐようにしてください。
藻は散水器の目詰まりを起こす主要な要因になります。
また、殺藻剤には殺菌力があるため、雑菌の発生も抑えてくれます。
ただし、殺藻剤には塩素が使われている場合が多く、腐食性があるため、濃度が濃くなりすぎないように常に管理しておく必要があります。

防止策3.ストレーナの設置と清掃

冷却塔(クーリングタワー)の汚れを防ぐ方法のひとつとして、循環水の出口にストレーナといわれるこし器が取り付けられています。
これにより、循環水に落ち葉などの異物を送り込まないようにして、機器や配管に入る前に取り除くことが可能になります。
ただし、ストレーナは藻や汚れを通さないですが、それらをなくすわけではなく、ストレーナ自体に溜まっていくことになります。
この汚れがストレーナに溜まってしまいますと、汚れや藻が水槽に逆流してかえってその発生を助長してしまいます。そのため、ストレーナは常に汚れや藻が溜まらないように清掃をする必要があります。

ストレーナの清掃方法

ストレーナは簡単に清掃できます。取り外しができるため、外してから水洗いをすればよいだけです。
水質をきれいに維持することは、冷却塔(クーリングタワー)の機器の保全や、長持ちさせて冷却機能を維持する鍵になります。
ぜひ、ストレーナを始め、水槽や機器の掃除メンテナンスは定期的におこなうようにしてください。
清掃やメンテナンスについては、専門の業者にご相談されるのがよいでしょう。

冷却塔のストレーナ清掃なら空研工業

まとめ

空調設備の冷却塔(クーリングタワー)は、外気と水を触れさせ、気化熱の原理を利用し冷却水を冷やすため、その機能を維持するためには清掃やメンテナンスが重要になります。
この水質の維持のために必要になる防止策などについてご紹介しました。
ストレーナは、冷却塔(クーリングタワー)の水質維持のためには不可欠なものであり、ストレーナ自身の清掃も常に行うようにしてください。

NO IMAGE
CTR IMG

〒810-0051 福岡市中央区大濠公園2番39号
TEL. 092-741-5031 FAX. 092-741-5122